ネタバレ注意!!コミック|『母という女 けもの親』|あらすじ感想結末|宇井野りか

こんにちは!!
管理人のトモミです。

2児のママしています。

2016y02m23d_233812898

『母という女 けもの親』というコミックをレビューしたいと思います。

このコミックは、 宇井野りか先生 が描かれた漫画なんですが、読者の体験記を基に構成された内容になっています。

早速、『母という女 けもの親』を紹介しますね。

無料立ち読み けもの親

【 けもの親 】で検索して下さいね。

 

 

Handyコミック【ココロコネクト】一般※スマホ専用

 

『 母という女 けもの親 』

母という女 けもの親

「けもの親」 あらすじネタバレ感想

 

 

あんたなんか親じゃない!!

 

男好きの母を嫌って家を出たのに、結婚を機に復縁…それが間違いの始まりだった!?

 

 

 

 

「けもの親」あらすじネタバレ

 

「けもの親」は、女の波乱万丈シリーズで東京都に住む『中村祥子』さんから寄せられた体験記をもとに描かれた漫画になります。

 

 

母親の名前は「静江(しずえ)」、スナックを経営しています。

静江の子供「洋子(ようこ)」がこの漫画の主人公です。

 

 

洋子が小学校から家に帰ると、玄関先には男の人の靴があり、部屋の中から母親と男の人の喘ぎ声が聞こえてきました。

 

 

洋子は家の前で、母親と男の人の行為が終わるのを待っているのが日常になっていました。

母親・静江は男の人に依存しないと生きていけない感じの人で、性行為が三度の飯よりも好きな女性でした。

 

 

洋子は私生児で、唯一わかっていたのは、母親の経営するスナックの常連客だということだけでした。

 
Handyコミック【ココロコネクト】一般※スマホ専用
 

 

私生児 しせいじ
私生子(しせいし)とも言います。

一般に父親の知れない子をいう。日本の民法旧規定では婚姻外に生れた子をその生母に対して私生子と呼び,その子が父に認知されると庶子と呼んだ。 1942年,民法の一部改正により,法律上この名称は廃止され,現行民法上はいずれも嫡出でない子呼ばれる

 

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

 

 

母親・静江は男癖が悪いことを除けば、洋子にとても優しく、洋子も母親のことが大好きでした。

静江は商売柄からなのか、常に身繕いをキレイにしていて、洋子の周囲の友達から若くてきれいだねって言われるくらいでした。

 

 

女手一つで育ててくれて、それでいて綺麗で優しくて、洋子にとっては自慢の母親でした。

 

 

 

 

 

ある出来事が起こるまでは……

 

 

 

 

 

洋子が高校2年生の時でした。

家で一人で勉強をしていると、母親・静江の付き合っている男が家へ上り込んできました。

 

 

静江が外出中なのをいいことに、男が洋子に襲い掛かってきました。

洋子は抵抗しますが、男の力には勝てません、あっという間に下着を脱がされてしまいます。

 

 

その時、間一髪静江が買い物から帰ってきました。

 

 

「なにしてるのッ!?」

 

 

洋子はホッとして、静江に助けを求め抱きつこうとした時…

静江は洋子の顔をビンタしました。

 

 

「ドロボウ猫!!アンタが悪いんだよ!!」

 

 

洋子に鬼のような形相で罵声を浴びせます。

静江は自分の男を取られたと思ったのです。

 

 

この時を境に静江は洋子を「娘」ではなく「一人の女」としてみるようになり、母娘の関係ではなくなってしまいました。

家にいても会話もなく、洋子は早く家を出たいと思うようになります。

 
Handyコミック【ナナとカオル】一般※スマホ専用
 

 

 

洋子は高校を卒業する就職し、家を出ました。

 

 

その後、洋子はイケメンの男性と出会い、お付き合いを経て結婚…

安心な生活を手にします。

 

 

幸せな結婚生活が3年を過ぎようとする頃…

洋子は何故かふと母親のことが気がかりになり始めました。

 

 

母親・静江を探しに行くと、以前住んでいた家にまだ住んでいました。

チャイムを鳴らし、二人で顔を合わせ感動の再会を果たすのです。

以前あった深い溝はいつの間にか無くなっていました。

 

 

母親に結婚したことを報告し夫を紹介、静江と洋子の夫は気が合うみたいで洋子は安心しました。

自分の結婚相手を認めてくれて嬉しかったのです。

 

 

しかし…その日の帰り際、静江の表情が女の顔になっていました。

洋子に一抹の不安が…まさか!いくら男好きだって…!?

 

無料立ち読み けもの親

【 けもの親 】で検索して下さいね。

 

 

『けもの親』感想

 

読書の投稿を原作に描かれたマンガだったんですが、本当にこんな親いるのかって思ってしまいました。

 

血のつながっている実の娘より男の方を選ぶような母親って最低ですね。
読んでいて心底腹が立ってきてしまいました。
自分の親は、こんな親じゃなくてよかったと思います。

 

この漫画の主人公・洋子には本当に幸せになって欲しいと思いますね。

 

無料立ち読み けもの親

【 けもの親 】で検索して下さいね。

 

 

Handyコミック【ナナとカオル】一般※スマホ専用

コメントを残す